SNS運用を始める企業必見、各サービスの使い分けと役割とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.26

SNS運用を始める企業必見、各サービスの使い分けと役割とは

こんにちは。

近年SNSは利用者が増え、企業からマーケティング活動の場として利用され始めました。

そんな中、新しくSNSの運用を始める際に企業の悩みのタネとなるのが、「どのSNSサービスを運用すれば良いの?」といったものです。

各SNSサービスによって使い分けが必要ですので、今回はその使い分けと役割についてご紹介します。

SNS運用を始める企業必見、各サービスの使い分けと役割とは

Facebook

Facebookはユーザーの年齢層が他のSNSと比べ高いのが特徴です。

字数制限がないため長文を書くことに適し、実際に本名を使用するため匿名性が低いサービスです。フィードは時系列ではなくFacebook独自のアルゴリズムによって表示されます。ユーザーのフィードの上位に表示するためには各投稿のエンゲージメントを高め、ユーザーを巻き込むことが求められます。

画像や短めの動画を利用し視覚的に訴えかける投稿も、ユーザーの注意を引く方法の一つです。

知的好奇心をくすぐるようなコンテンツがうけやすい傾向があります。

Twitter

Facebookや他のSNSの中でも特にユーザーの年齢層が低く10代から20代にかけての利用者が多いという特徴があります。

140字という字数制限があり、基本的には時系列順にツイートがフィードに表示されます。

短い文の中でキャッチーなフレーズや文章を入れることでバズらせる(拡散させる)というのが基本の戦略となります。

ファボ(いいね)やリツイートが多ければ多いほどインプレッション率が上がり、多くのユーザーに露出される機会が増えるため、

質はもちろんのこと量を意識した運用を心がけると良いでしょう。

Instagram

おしゃれさが肝要となるInstagramでは、ビジュアルが非常に重要視されます。

自身のフィードに流れる投稿がデザイン的に劣っている、文字だらけの写真が流れてくるなどすると嫌われやすくなります。

FacebookやTwitterと比べて拡散機能があまり利用されず、ハッシュタグによってリーチを高めていく場面が多いです。

自社のブランドイメージを確立し、それに向けて統一感のある投稿を続けることが、Instagram運用の成功へとつながります。

LINE

とにかく利用者数が多いSNSです。

LINEではタイムラインを利用する方法とトークを利用する方法があります。

タイムラインは一斉に投稿を送信でき、いいねやコメントでどれくらいのリアクションを得たのかが容易に確認できます。

トークではより詳細にユーザーにリーチできる一方、商業的内容は嫌われやすい傾向にあるため注意が必要です。

SNS運用を始める企業必見、各サービスの使い分けと役割とは

まとめ

以上、今回はSNS運用での各サービスの使い分けをご紹介しました。

導入をお考えの方はこの記事をぜひご参考いただければ幸いです。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。