SNS運用を業者に代行してもらうメリットとデメリットとは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.24

SNS運用を業者に代行してもらうメリットとデメリットとは

こんにちは。

近年話題となっているSNS代行ですが、ただ単にSNSに投稿するだけではなく、戦略に沿った企画運営が必要です。

そのため、従業員が少ない会社ではそもそもSNSに時間を使う余裕がないというケースがあります。

そんなお悩みを抱えている方にとって便利なのがSNS運用を代行で行ってくれる業者です。

今回は、そんなSNS運用の代行を業者に委託するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

手間が省ける

これを求めてSNS運用の代行を依頼される方も多いのではないでしょうか。

普段の業務が忙しく、SNSの運用にまで時間を割けないというかたにとってはとても心強いサービスであると言えます。

プロが運用を行う

SNS運用をビジネスとして行っている以上、委託先はその道のプロです。

自社でSNS運用を一から始めるとなると手間やコストがかかる上に、

中途半端な結果に終わってしまうリスクがあります。

信頼のある業者に運用を代行してもらうことでより大きな効果を期待できます。

継続性がある

代行業者のプランや契約によって異なりますが、SNSでの投稿を一定の頻度で継続させることができます。

自社での運用では、コンテンツが尽きる、担当者が異動になるなどの理由から投稿が不定期になってしまう恐れがあります。

代行することでそのような失敗を防ぐことが可能です。

SNS運用を業者に代行してもらうメリットとデメリットとは

デメリット

自社のイメージと異なるリスク

代行業者に運用を依頼する際、必ずどのような方向性で運用していくのかについて打ち合わせを行います。

しかし代行業者はあくまで外部組織であり、自社の文化やSNS運用で得たいメリットを必ずしも100%把握しているとは限りません。

そのような意思疎通のミスで、本来イメージしていたSNSとは異なった運用をされてしまう恐れがあります。

知識がないため運用効果の評価ができない

自社に知識を全く持たず業者に代行を依頼した場合、

運用の効果を適切に評価できなくなってしまう可能性があります。

たとえ業者に運用を依頼しても、ある程度自社でのノウハウ蓄積が必要となります。

コストがかかる

業者にSNSを代行するためには一定の予算が必要です。

より質の高いものを目指せば、それだけコストも大きくなってしまうため、

バランスを見極めることが求められます。

SNS運用を業者に代行してもらうメリットとデメリットとは

まとめ

以上、今回はSNS運用を業者に代行してもらうメリットとデメリットをご紹介しました。

実際に代行を依頼するか検討する際は、この記事を参考に自社の状況に見合った選択を行ってください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。