SNS運用をする際に気をつけなければならない注意点と対策 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.20

SNS運用をする際に気をつけなければならない注意点と対策

こんにちは。

マーケティング効果が高いと期待を集めるSNSの運用ですが、

そのやり方を誤るとむしろビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで今回はSNS運用をする際に犯しがちなミスをまとめて、それらの対策についてご紹介します。

SNSの炎上

SNS運用をする際に気をつけなければならない注意点と対策

SNSを運用する際のメリットと一つとして「情報を不特定多数の人に届けることができる」というものがあります。

しかし裏を返せば、「自社にとって不利益な情報が不特定多数の人に渡る」可能性があると言えます。

近年ではニュースでもみられるように、企業の公式アカウントの意図せぬ不適切な投稿が火種となり炎上、結果企業ブランドの損傷に至るケースが相次いでいます。

SNSで気軽に投稿できるだけに、コンプライアンスの遵守を徹底して行いリスクを最小限に止めることが必要です。

不十分な目的設定

SNS運用をする際に気をつけなければならない注意点と対策

マーケティング活動において、目的設定を行うことは何よりも重要です。

目的のないまま走り出した企業戦略はうまくいかないことが大半です。

SNS運用でも同じく、目的設定を必ず行います。

そこが不十分であった場合、投稿に間が空いてしまう、不適当な投稿が増えアカウントに統一感が出ない、企業イメージが低下してしまうといった弊害が発生することが考えられます。

それらを防ぐため、まずどのような効果を生むためにSNSを運用するのかを徹底的に議論した上で目標設定することが求められます。

担当者の個人色が出過ぎてしまう

SNSの運用を行う上で担当者を決めてしまう企業様がおられます。

これには効率化や一貫性を保てるといったメリットがある一方デメリットも存在します。

例えば公式アカウントの投稿が担当者の個人的な主張に偏ってしまう恐れがあります。

担当者の発信する情報が全社、あるいは経営層が考える趣旨と異なっている場合、マーケティング活動はうまくいきません。

あるいは、担当者が異動や退社となったとき、いままでのノウハウが共有されておらず継続が困難になるといったリスクが考えられます。

このような状況を防ぐためには、SNSの運用をチーム、または全社横断で進めて行くことを選択肢に入れて考える必要があります。

SNS運用を他人任せにせず会社として主体的に行って行くことが重要です。

まとめ

以上、今回はSNS運用をする際に気をつけるべき注意点とその対策についてご紹介しました。

これから新たにSNSの導入を考えている、すでにSNSを運用しているなどの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。