SNS運用における社内ガイドラインの例をご紹介 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.22

SNS運用における社内ガイドラインの例をご紹介

こんにちは。

SNS運用を行うと決定した時、社内でどのような運営をするのかルール決めをします。

そのガイドラインをしっかりと作成することが、SNS運用を成功させる上でとても重要です。

そこで今回はSNS運用を始めるにあたって必要なガイドラインの事例をご紹介します。

SNS運用における社内ガイドラインの例をご紹介

運用目的の制定

まず何よりも大事なのがこの運用目的の制定です。

例えば「SNSを通して新商品のキレイめで高級感のあるブランディングを行う」など、

具体的に言語化した目的設定をすることで、運用に統一感を持たすことができます。

この作業をおろそかにすると、方向性がバラバラになる、統一感が失われるといった失敗が予想されます。

投稿の頻度

投稿の頻度を設定することで、間隔が開き過ぎてしまうことを防ぎます。

特にTwitterのようなタイムラインの流れが早いSNSではこまめな投稿を行うことがマーケティングおいて一般的に重要であると考えられています。

逆にInstagramのようなデザイン重視のサービスの中で1日に何本も投稿すると、ユーザーから嫌がられてしまう恐れがあります。

運用する各サービスに応じた投稿頻度の設定が必要です。

SNS上での顧客とのコミュニケーションについて

SNSはユーザーとダイレクトにコミュニケーションを取れることが一つの利点です。

具体的にはDMやコメントで顧客からのフィードバックを得られる、直接お問い合わせに回答できるといった使い道が考えられます。

しかし一方で、SNS上でのコミュニケーションミスから企業の信頼を失うことがあります。

例えばSNS運用担当がクレーム対応のマニュアルを知らずにSNS上で受けたクレームに反論してしまう、といった事例があります。

このようなトラブルを避けるため、SNS上では顧客からのコミュニケーションに対してリアクションをしないなどのルールづくりをしている企業が多く存在します。

コンプライアンスの徹底

SNSに投稿した写真に、使用してはいけない機密情報が写り込んでいる、許可をとっていないお客様の顔が写り込み肖像権を侵害してしまう、企業の公式としてふさわしくない言葉遣いがあるなどのコンプライアンス違反が、信頼低下の原因となります。

SNSでは情報の拡がりが早く、炎上につながる恐れもありますので、

それを防ぐために投稿前に確認できるチェックリストの作成が有効です。

SNS運用における社内ガイドラインの例をご紹介

まとめ

以上、今回はSNS運用における社内ガイドラインの事例をご紹介しました。

始める前のルールづくりをきちんと行うために、ぜひ今回の記事を参考にしながらガイドライン作成をされてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。