SNS運用って何?マーケティングに必須なの?SNS運用を解説 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.12.31

SNS運用って何?マーケティングに必須なの?SNS運用を解説

みなさんの中でSNSを使っていないという人はいますか?

おそらくほとんど全ての人がなんらかのSNSを日常の生活で使っていますよね。

友達や家族との連絡にLINEを使うでしょうし、何か面白いことがあればツイッターで

つぶやく人もいるでしょう。

特に女性ならオシャレなカフェに行ってインスタグラムに写真を載せたりするでしょう。

スマホ普及率の高い日本では全ての人が生活の中で様々な種類のSNSを使い分けているはずです。

今回のテーマであるSNS運用は普通にSNSを使うということではありません。

企業などが自社の製品・サービスをプロモーションするためにSNSを利用することを

主に運用と呼んでいます。

SNS運用とは?

sns1

会社に勤めている人でSNS運用を担当することになったという人も少なくないでしょう。

最近では、ビラやチラシのような紙媒体の広告はもはやあまり影響力を持たなくなり、従来まで広告の中心であったテレビCMも以前と比べて影響力が薄くなってきました。

今広告業界で盛り上がっているのはウエブ広告です。

今後広告の中心になり、企業が自社の宣伝をするためにはウエブ広告を使わなければならなくなるでしょう。

今回のテーマであるSNS運用は、ツイッターやインスタなどのSNSを媒体として自社サービスを宣伝することです。

その企業独自のアカウントを作り、ツイッターであれば定期的にツイートして、フォロワーの目にとまるようにし、インスタであればオフィスの写真を載せている企業もありますね。

その企業のターゲット層によって扱うことになるSNSの種類は変わりますが、マーケティングのプロモーションにおいてもはやSNSを使わないのはいい作戦とはいえないでしょう。

業種にもよるがSNS運用は必須

sns2

どんな業種の企業かにもよりますが、SNS運用はもう必須といってもいいでしょう。

飲食業であればインスタにおしゃれな料理やスイーツを載せることで、その投稿をみた

人が実際にそのお店に行くということも少なくないでしょう。

また、ツイッターでのイベント告知もよく見かけると思います。

就活関連のイベントは各企業が競って告知していますし、ライブなどの情報もツイッターでよく告知されています。

特に若者だと情報の仕入れ先がツイッターやインスタとう人が多いので、潜在意識に刷り込むためにSNS運用は欠かせません。

まとめ

今回はSNS運用について解説しました。

まだまだテレビなどのメディアが情報媒体として強いですが、SNSなどのウエブ広告は

急成長を遂げています。

今後はいかにSNSを巧みに使いこなし、消費者の購買行動を促せるかが重要になります。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。