いいHPのデザインとは?HPの意味から考えてみよう! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.10

いいHPのデザインとは?HPの意味から考えてみよう!

今、ホームページを作る方が増えています。

その中で注目されてきているのが、ホームページのデザインをどうするか。

今日は、「いいホームページのデザイン」についてお伝えしたいと思います。

ホームページの役割とは

いいHPのデザインとは?HPの意味から考えてみよう!

最近はスマートホンでもネットサーフィンをする人が増えていますが、そもそもホームページって何のためにあると思いますか?

勿論、色々な目的があって作られている、というのが正解です。

では、全てのホームページが本当にその目的に沿った作りになっているか、と言うとそんなことはありません。

いいホームページを作るためには、企業のホームページにしろ、個人のブログにしろ、大事なことは、自分がやりたいことを明確にして、それを実現させる方法でデザインしていくことが必要です。

目的は、誰に、いつ、何を、どんな風に、なぜ、どこで伝えたいか、というように細かく具体的に落とし込みましょう。

それによって本来のホームページの役割がやっと発揮されるのです。

デザインとは

いいHPのデザインとは?HPの意味から考えてみよう!

では、デザインとは何でしょうか?

実は、デザインはいたるところに使われています。

一般的に「飾りをつけること」と誤解されがちですが、本当の意味では「目標達成を目的として様々な制約の中でされる計画、活動、プロセス、仕様」のことです。

すなわち、少しでも現状を目的に近い状態に持っていくこと、これがデザインです。

ホームページの目的をはっきりさせることは、デザインする上でも大事になってきます。

いいホームページのデザインとは

まず、いいデザインと一口に言っても、それを受け取る人によって感じ方は様々です。

100%いいと言ってもらえるデザインは存在しません。

そこで、自分がこのホームページに訪れてほしい人、評価してほしい人にターゲットを絞ります。

そして、徹底的にその人達の立場になって考えることで、その人達が望んでいることが分かってきます。

この部分が一番大切で、視覚的に美しくても、難しい技術が取り入れられていても、「使いづらいな」「何が言いたいか分からない」と感じられてしまってはいいデザインとは言えません。

いいデザインとは時に評価されないくらい、その人のニーズを自然に叶えてしまっているものなのです。

まとめ

今日はいいホームページのデザインについてホームページやデザインとは何か?という視点からお話させていただきました。

デザインの考え方はホームページのデザイン以外にもいろいろな場面で効果的に使えます。

是非試してみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。