ホームページをデザインする上で知っておきたい基本的な考え方とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.20

ホームページをデザインする上で知っておきたい基本的な考え方とは

「ホームページを作りたい!でも、専門的な用語ばかりでよくわからない、、。」

こんなお悩みをお持ちの方はいませんか?

今日は、ホームページをデザインする上で知っておきたい、デザインの基本的な考え方についてお伝えします。

デザインとは

ホームページをデザインする上で知っておきたい基本的な考え方とは

デザインとは芸術的なセンスがいる、と思われがちですが、必ずしもそんなことはありません。

芸術では自分を表現することが必要であることと対象的に、デザインでは自分を極力出さないようにすることが重要です。

どういう意味かというと、デザインとは、今ある問題解決のための設計をし、それを形にしていく作業や思考、結果のことです。

その上で見た目も必要になってきますが、実はかっこよさやお洒落さ、などはその要因のひとつにすぎません。

問題解決のために

ホームページをデザインする上で知っておきたい基本的な考え方とは

問題解決ができるデザインとは何だと思いますか?

・分かりやすく情報を伝えることができる

・機能性があり使いやすい

・一目で惹きつけられる見た目である

このように、様々な方向からアプローチできることがお分かりいただけるかと思います。

デザインする対象としては、具体的には

・レイアウト 要素の配置、空間をどのように使うか

・カラー 色の持つイメージをどのように利用するか

・文字 わかりやすく伝えるためにはどのようなフォント、文字組みがいいか

・ロゴ 商品や企業の概念を表すにはどのようなものが効果的か

・アイコン 情報を直感的に伝えるためのツール

・ユーザーインターフェース(UI) PCとユーザーが情報をやり取りする際の使いやすさ

など、沢山のものがあります。

サイトのデザインを作る場合、上記のように見た目の部分に加えて、UIのデザインも担います。

UIUX

ここまで読んでこられて、見た目の部分は想像がつくけど、UIが実際にどのようにデザインされているかは分からないという方が多いのではないでしょうか。

分かりやすい例をあげると、パソコンは当初、技術者しか触れない複雑で難しいものでした。

それが今は誰でも触ることができるくらい使いやすいものになっています。

これは、UIが向上したおかげです。

最近ではスマホなど、感覚的に使えるものも増えてきました。

また、同じような言葉にUXという言葉があります。

この二つの言葉の違いは、UIはユーザーとサービスの「接点」を指すのに対し、UXはユーザーがサービスを通じて得られる「体験」について指します。

つまり、UIUXを高めるためにある要素のひとつです。

全てはユーザーがどのように感じるかを基準として作られるからです。

まとめ

今日はホームページでサイトを作る上で知っておきたい考え方や用語などの知識をお伝えしました。

デザインは奥が深く、果てしない道のように思えますね。

そんな時は基本に立ち返って考えるといいと思います。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。