会社のホームページを作る際に知っておきたいポイント | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.24

会社のホームページを作る際に知っておきたいポイント

「会社のHPデザインを考えようかな。」

こう考えておられる方はおられませんか?

企業のホームページはいわば「顔」のようなものです。

他社と差をつけて、会社にいいイメージを持ってもらいましょう。

今日は、会社のホームページを作る際に知っておきたいポイントについてお話します。

ホームページの目的を明確にする

これが、ホームページを作る上で一番最初にするべきことで、一番大事なことです。

「こんなの簡単だよ」

とこのステップをないがしろにしてしまうと、いいホームページは作れません。

・新規顧客の獲得

・サービス、商品の宣伝、販売

・知名度アップ

・来客頻度の向上

・売上高向上

など、これ!という目的を決めてください。

なぜなら、目的の違いでデザインも全然違うものになるからです。

また、目的とは別に、コンセプトをできるだけ具体的に作り上げましょう。

5WHとよくいいますが、それに加えてユーザーにどんな行動を起こしてももらいたいか、という点が大事です。

・問い合わせ

・資料請求

・会員登録

など、最終的にここへ誘導したい!というものがはっきりしていると、デザインの仕方をどうすればいいか、が明確になってきます。

実は、デザインではこの「ターゲットを決めて、目標を決めて、その間を考える」という段階が最も価値のあるステップです。

ここをしっかりすれば、戦略次第でサイトから顧客を何倍にも増やすことも可能なのです。

デザインの文字とペンシル

会社のホームページにおすすめのデザイン

ホームページ作りの指針が決定したら、次はデザインを決めましょう。

ここで、伝えたいことをただ羅列してしまっては、他社に差をつけるばかりか、ユーザーにとっても情報が伝わりにくいサイトになってしまいます。

つまり、自分の伝えたいことを自分の好きなように伝えるという自己満足ではなく、ユーザーの知りたいことをユーザーにとって快適な方法で伝えるということが必要だということです。

ユーザーにとっていいホームページにするためのポイントをまとめましたのでご覧ください。

会社の強みを強調する

自分の会社のサイトに訪れてくれた、ということは他の同業他社のサイトにも訪れていることが多いです。

そこで、自分の会社は他とどこが違うのかということが一目で分かるデザインであることが重要になります。

伝えたいことを最低限にする

ホームページも、第一印象が命です。

伝えたいことはできれば一つに絞りましょう。

その一つを、一目で伝えることができたらいいデザインです。

例えば大きな写真を使うなど、直感的に分かるものがいいでしょう。

また、あまり長すぎてしまうと読まれないことが多いので、そういう意味でも情報は厳選することが大事です。

会話する二人

まとめ

今回は、会社のホームページを作る際に知ってほしいポイントについてお話しました。

デザインをする前の準備が大切なことがわかっていただけたかと思います。

是非この記事を参考に素敵な会社の「顔」を作ってくださいね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。