SEO対策の歴史|今、SEO対策は何をすればいいのか? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.17

SEO対策の歴史|今、SEO対策は何をすればいいのか?

「集客強化のために、SEO対策を実施したい」と考えている方は、多いのではないでしょうか。

SEO対策のトレンドは、時の流れとともに大きく変化しており、SEO対策を成功させるためには、その変化を知ることが欠かせません。

そこで今回は、日本におけるSEO対策の歴史と、今やるべきSEO対策について、わかりやすくご紹介します。

そもそもSEOとは

SEOとは、“Search Engine Optimization”の略称で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、特定の検索キーワードを入力した際に、検索結果のページで自社のページが上位表示されるように工夫することを指し、「検索エンジン最適化」ともいわれます。

「自社サイトの上位表示を目指す」というSEO対策の目的自体は、初期から変わりません。

初期のSEO対策

初期のSEO対策は、ページの中にキーワードを多く埋め込むことや、サイトのページ数を増やすことがメインでした。

そのため、ページの背景と同じ色の文字でキーワードを大量に埋め込んだり、内容の薄いページをたくさん保有したりといった、悪質なSEO対策が後を絶ちませんでした。

Googleの日本上陸

google日本上陸

2000年に、比較的高性能の検索エンジンをもつGoogleが日本に上陸してからは、上記のような悪質なSEO対策はあまり通用しなくなりました。

Googleが理想としていたのが、「ユーザーにとって有益なコンテンツ」であり、それは今も変わりません。

そのGoogleが当時、サイトの質を判断するために重要視していたのが、「被リンクの数」でした。

被リンクの数が多いということは、それだけ多くのユーザーにとって有益なコンテンツであるということだと、Googleは考えたのです。

しかし、リンクを貼るためだけのサイトを保有して大量の悪質な被リンクの売買を行う悪徳業者が現れると、被リンクの数で、ユーザーにとっての有益性を判断することが難しくなってしまいました。

現在のSEO対策

上記のような理由から、Googleは、度重なるアップデートによって性能を上げ、サイトのランク付けを行う際に、コンテンツそのものの質を重視するようになりました。

それまで重視されていた被リンクについても、悪質な被リンクをもつサイトにはペナルティを課すようになりました。

そのため、現在のSEO対策は、コンテンツそのものの質を高め、より「ユーザーにとって有益なコンテンツ」を作成することがメインとなっています。

ユーザー獲得

以上、SEO対策の歴史と、今やるべきSEO対策についてご紹介しました。

先にも述べたように、Googleが理想とするコンテンツである、「ユーザーにとって有益なコンテンツ」を作成することが、SEO対策の基本であり、この先ますます重要になってくるでしょう。

新規顧客の獲得を考えている方は、上記のポイントを理解した上で、SEO対策を、実施してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。