SEOのデメリットとは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.19

SEOのデメリットとは

近年になって、スマートフォンが人々にとってますます身近なものとなり、インターネットを利用する人の数はますます増えつつあります。

そんなインターネットを利用する際に、検索エンジンにて検索をかけることがありますよね。

その検索に関連する言葉としてSEOがあります。

ここから先では、このSEOとは何か、デメリットはどのようなものがあるのかについて解説していきましょう。

SEOって何?

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジンの最適化を意味する言葉です。

また、検索結果でWebサイトがより多く検索ユーザーに見られるように行う一連の取り組みのことをSEO対策といいます。

デメリット

成果まで時間がかかる

SEOは多くの時間を要します。

それはSEOに関連するような修正をする時間、コンテンツを制作する時間、そして人やGoogleに評価されている間の時間など様々な時間を要します。

このため、キャンペーンなどの一過性の時期にだけ必要なマーケティング施策としては全く向いていません。

あくまで中長期的に継続した時に成果を得られるものであり、中長期的で継続した効果が必要な場合に有効な施策と考えていただけるとよいでしょう。

デメリットと猫

質の低いユーザーも集まってしまう

ビッグキーワードのSEOに成功できたとしても、いつも良いお客様のみを集客できるとは限りません。

時には、対応しきれないユーザーからのお問合せやターゲットとしていない不良ユーザーを引き受けなければならないということもあり得ます。

こういった場合には、積極的なSEOではなく、ターゲットだけに向けた広告が有効となることもあります。

確かに、費用対効果が優れていることや継続的に流入を見込めることなどの効果の高さが引き立てられるWeb施策がSEOではありますが、場合によっては向かないケースもあるということは理解しておくべきです。

成果を出せる業者を選ぶのが難しい

Googleが順位を決定するアルゴリズムがこちらからは分からないため、成果を確実に約束することは不可能であります。

すべてのSEO業者が必ず成果を出せるわけではないので、あまりSEOに取り組んだことがなかった場合、適切な業者を選定するのは非常に難しいといえます。

パソコンと書類

最後に

以上のように、SEOとは何か、デメリットはどのようなものがあるのかについて解説してきました。

これからの時代において、インターネットでビジネスを展開できる力を養っておけば、とても大きな武器となります。

是非この機会にSEOに対して理解を深めていただき、これからの活躍に役立てていただけたら嬉しい限りです。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。