SEO対策を行う上で必要な考え方とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.7

SEO対策を行う上で必要な考え方とは

皆さんの中には、ブログや記事を執筆されていらっしゃる方がおられるのではないでしょうか?

しかし、「ブログを書くのが初めてで、上司にSEOを意識して書いてほしいと頼まれたけど、SEOが何なのかわからない。」

「ブログの閲覧数を伸ばして、収益化したいけどやり方が分からない。」

と困っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

確かに、ブログや記事をインターネット上にアップする際にSEOについて理解することを求められることが多く、閲覧数を伸ばしたいですよね。

そこで、今回はSEOについて基本的な説明と、SEOをする上で必要な考え方を解説していこうと思います。

SEOとは?

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

タイトルのキーワードを工夫して選定し、リンクされやすい内容を意識して、費用をかけずに記事が載っているサイトの閲覧数を上げる工夫をすることです。

seo-pic

 

具体的なSEO

ここでは具体的なSEOをご紹介します。

1.Googleの理念に照らし合わせた記事を書こう

日本の検索サイトのメインは「Google」「Yahoo!」になっており、この二つで90%のシェアを誇っています。

インターネット上で上位に表示されるにはその運営者に記事を高く評価される必要があります。

Googleに関してはシェア70%であり、SEOGoogle対策といわれる所以です。

Googleの理念の根底にあるのは、ユーザーファーストです。

Googleが掲げる10の事実からもそのことはうかがい知れます。

つまり、ユーザーの利益になる情報を上手に伝えている記事がGoogleに評価され、閲覧数を増やすためには、ユーザーファーストの精神に照らして、単に閲覧数を伸ばすための工夫だけでなく、内容を意識する必要があります。

 

google対策

 

2.自分の書きたいこと、相手の求めているもの

ではGoogleに評価されることが、閲覧数を上げるため、記事を書くための最低条件だという説明をしました。

では、どうすればユーザーファーストの記事になるでしょうか?

一つは、自分が何を伝えたいかを明確にすることです。

たまにブログを収益化させようと考えていらっしゃる方は、広告をサイトに張り付ければよいと考える人もいます。

しかし、自分が本当に宣伝したい商品は何なのか、何について記事を書きたいかを明確にしていなければ、内容の濃い記事にならず、評価もされません。

そうすることで、自分の記事に厚みを持たせ、次のステップでカスタマージャーニーやペルソナの情報収集ができます。

そうして、相手の需要もまたはっきりしてきて、需給のバランスがいい記事が書け、Googleに評価されていきます。

最後に

今回はSEOについて基本的な説明と、SEOをする上で必要な考え方を解説してきました。

記事を書くにあたり、基本的な精神がなければ閲覧数も伸びません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。