ユーザーにブログを見てもらうために出来る対策とは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.13

ユーザーにブログを見てもらうために出来る対策とは?

皆さんの中で、Web上に記事をupして、多くのWebユーザーに見てもらおうと考えていらっしゃる方がおられるのではないでしょうか?

確かに、現在インターネットが世界で普及し、小学生でさえもスマートフォンを持つ時代になり、何かを伝えようとするのにインターネットを利用することは必然の流れです。

しかし、執筆活動をされる方が増え、閲覧数を意識した投稿が無数に存在するインターネットで、どのようにすれば自分の記事を多くの人に読んでもらえるでしょうか?

今回はその問題を解決するためのSEOについてご紹介します。

SEOとは

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

多くの人に記事を読んでもらうにはSEOが必須です。

SEOをすることによってユーザーが検索をした際に、上位に表示されるようになります。

SEOの種類

SEOの中にも種類があり、それが外部対策と内部対策です。

 

seo対策

 

外部対策

外部対策とはその名前の通り、外部へ向けた対策のことです。

具体的には、「被リンク数を増やすこと」です。

普段インターネットで自分の興味がある内容を紹介しているブログやまとめサイトを読まれる方は、そのページにリンク、つまり引用が使用されているのをご覧になられたことはないでしょうか?

記事が読者にとって有益であるとされるならば、他者にその記事を引用されることがあり、そのことを被リンクといいます。

その被リンクをされる回数を増やすことを、外部対策といいます。

被リンク数を増やすためには、「自然発生的にリンクを増やす」「自分でリンクを増やす」「リンク販売業者と契約する」

などといった方法があります。

内部対策

内部対策は外部対策と反対で、記事の内部に目を向けた対策です。

自分の記事の書き方を工夫することでSEOができます。

具体的には「タイトルにキーワードを入れ込む」「文章にターゲットキーワードを入れ込む」といったことです。

自分の記事を読みそうなユーザーを絞って、彼らにとって有益な情報を与えることはもちろん必要で、彼らの目に触れるためにも、記事に関連する頻繁に検索されるワードを調べて、それを記事内に入れ込むことが内部対策といえます。

 

 

最後に

今回はSEOの外部対策、内部対策について解説してきました。

お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、内部対策をする、つまりユーザー目線で記事を書き、ユーザーにとって有益な情報を提供することが被リンクされる回数を増やすことにつながります。

一見全く別物のように感じますが、外部対策と内部対策は両方が重要です。

次に記事を書かれる方は、内部対策がそのまま外部対策に影響を与えることを意識して執筆されてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。