記事作成代行業者の活用をお考えの方へ | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.26

記事作成代行業者の活用をお考えの方へ

WEB集客拡大に欠かせないブログ更新について

近年、WEB集客を拡大する上で、ユーザー目線で有益な情報を継続的に発信していくことが重要だと言われています。

見込み顧客の育成や、今までアプローチできていなかった潜在的なニーズを秘めているユーザーに対してアプローチできるものとして、「ブログ更新」が重要だと言われていること自体はご存知の方も多いかと思います。

しかし、中には「どんな更新を行ったらいいのかわからない」「忙しくて書けない」「スタッフに任せきりにしている」といった企業様も少なくはないでしょう。

ブログの更新が出来ない企業様が挙げられる理由としては、以下のようなものが多くあります。

・定期的な更新が大事なのは分かっているが、社内のリソース的に満足に力をそこに注げない
・WEBに関して、詳しい人間が社内にいない
・本業の合間で行っているが、継続できない
・書くネタがなくなってしまう
・効果が出るまでに時間がかかるため、つい記事更新を後回しにしてしまう

こういった背景から、近年、継続的な記事コンテンツの作成の代行業者を活用する企業様が増加しています。

しかし、記事作成業者に依頼し、ただ大量にコンテンツを作ったとしても、グーグルからの評価を得られなければお金をかけている意味がありません。

ただ記事を更新するだけではなく、良質なコンテンツを発信しなければ、単純にページ数が増えるだけになってしまいます。

目的は更新をすることではなく、WEB集客を拡大すること。
ここに重点を置いて、中長期的な目線で資産を蓄積していく必要があります。

その点を企業様と業者の間で共通認識として持つことが出来ていなければ、期待する効果を得ることはできないでしょう。

 

クライアントとの協力

記事作成代行業者を活用する際に知っておきたいポイント

「過去に記事代行会社に頼んだがうまくいかなかった」
「今後、自社のWEBサイトから集客拡大をしていくために記事作成代行を依頼したい」
という方へ、記事代行を活用する前に知っておいて頂きたいポイントを2つご紹介いたします。

自社のWEB集客のために、「二人三脚」で進めていく覚悟はあるか

よくお客様から、弊社のサービスの導入を検討して頂いている際に「自社のことを知らないのにも関わらず、どうしてブログ記事を書けるのですか?」とご質問をいただきます。

もちろん弊社では、企業様の強みやスタッフ様の思い・考え方を100%記事に再現することはできません。

ではどのように書いているかというと、企業様に専属の企画担当がつきます。
しかし、その担当者がスタッフ様に成り代わる、というわけではありません。

企画担当者が、企業様の”集めていきたい顧客層””現在どんなお客様がサービスを利用しているのか”など、WEB集客の構造を把握します。

そこから記事の企画案を制作し、積極的なコミュニケーションを行うことで、高品質かつ時間的なコストも最小限に抑え、WEBでの集客を拡大させていくためのサポートが可能となるのです。

ここで抑えておきたいポイントは、社長様(またはご担当者様)も使用する時間が0になるわけではない、ということ。
自社のWEB集客拡大に対してご協力いただくことが出来るかどうかが重要な鍵になります。

本当に今後WEB集客を伸ばしていきたいと考えているのであれば、ヒアリングや企画や記事をご確認頂く時間をしっかりととって「二人三脚」で進めていく覚悟をしていただく必要があります。

作成したコンテンツは、1年後2年後、継続的にユーザーを集める案内看板のようなものになっていきます。

このコンテンツ制作を、「全く知らない会社が作った」と認識されて放置するのではなく、「自社と記事代行会社でコミュニケーションをとり、WEB集客を積極的に拡大したい」と考えることが出来る企業様であれば、非常にマッチしているかと思います。

②料金の値段が高いからといって「良い記事」ができるとは限らない

WEB集客に効果的な記事が書けるかどうかは、料金の安い・高いでは決まりません。

集客につながるポイントをその業者やライターがしっかり理解して記事を作成しているかどうかが重要です。

また、ただ安いだけの業者に任せてしまうと、出来上がった記事の誤字脱字やコピーコンテンツではないかのチェックを自社で行う必要があるなど、無駄な時間が発生し、結局企業様に負担が大きくかかることになるため、中長期的に継続していくことは難しくなる可能性もあります。

だからこそ値段だけでなく、「どういった仕組みで本当に成果のでる記事を作成できるのか?」「企業様に必要以上の対応が発生しない仕組みになっているか?」をきちんと確認して依頼することをオススメいたします。

 

案内で助ける

まとめ

記事コンテンツの作成・更新はいわば、ユーザーの入り口を広げるためのものではなく、ピンポイントで狙った顧客層を集めるための案内看板です。

自社とは全く関係のない地域や場所へ広告を打たないのと同じように、「しっかりとした企画・良質なコンテンツ・継続的に発信することができる仕組みがあるのか?」ということを、記事制作代行を依頼する前にぜひ確認してみてください。

弊社のブログ更新代行サービスにご興味をお持ちの方は、ぜひ下記URLから詳細をご確認ください。

https://www.reachat.jp/lp-c/

この記事を書いた人

コンテンツマーケティング総合プロデューサー平野 敬

関西大学卒。 2年以上に及ぶインターン経験を経て、SEO設計・戦略立案の運用実績が評価されて入社。1年間でSEOに関わる案件を200社以上担当。上場企業のwebサイト戦略において、サービス開始から4ヶ月でビッグキーワードが上昇し、昨年対比のアクセス流入数が400%UPし、収益化まで実現した実績がある。大企業、中小企業に関わらず、多数のクライアントから支持されている。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。