ライターならやっておこう、日々のネタ収集やメモのおすすめ方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.29

ライターならやっておこう、日々のネタ収集やメモのおすすめ方法

「ライティング記事のネタが思いつかないな・・・」

「情報収集でのメモのオススメな使い方を知りたいな・・・」

ライターは毎日記事を書くことも多いので、記事のネタに困ることもあるかもしれません。

そのため、日々の情報収集や、手に入れた情報のメモの方法は非常に重要です。

そこで今回は、日々のネタ収集やメモのおすすめな方法についてご紹介します。

ネタ収集のおすすめな方法

現代の社会が「情報化社会」と呼ばれており、世の中には大量の情報が溢れています。

良質な情報や悪質な情報など質もバラバラで、まさに玉石混合と言ってもいいでしょう。

そのため、情報を見分け、質に注意する力が必要とされます。

また、至る所に情報が存在するため、少し意識を向けるだけで、身の回りに多くのネタが存在することに気づきます。

ネタがいい記事は、読者が必ず読んでくれるため、ネタ集めは真剣に行わなければなりません。

しかし、ネタ集めは大切ではあるものの、ネタ集めに時間をかけすぎるのも、全体の生産性が低下してしまいます。

そのため、普段からネタ集めを意識して生活することが大切ですね。

新聞を利用する

正確な情報を手に入れるためには、インターネットより新聞が適している場合も多いです。

新聞を全部読むと、かなりの時間がかかってしまいます。

そのため、まずは記事の見出しやリード文、本文の書き出しを読むことで記事の大まかなテーマを掴みましょう。

その上で、気になったテーマの記事だけ読み、ネタとして頭に入れていきましょう。

また、新聞を取り寄せていない場合は、ニュースアプリの「グノシー」などを使ってみるのも良いですね。

リアルのコミュニケーション

新聞や書籍など以外にも、普段の人とのリアルコミュニケーションがネタのきっかけになることがあります。

ビジネスだけに限らず、友人関係や飲みに行った席での話など、様々な場面で良質な情報が落ちています。

メモのオススメな方法

メモは、ライティングにおいて非常に重要な役割を担っています。

専門のテーマにおける新しい情報や、内容に変化があったものについてチェックしてメモしておくのは大切です。

得意分野ではないテーマで記事を書く場合は、様々なWebサイトを見比べて、信ぴょう性の高い情報をメモします。

また、メモは基本的に自分だけが見るので、自分が分かりやすければ大丈夫です。

他にも、ライティングをしている最中に文章が頭に浮かばない時もありますよね。

これを防ぐためにも、あらかじめメモ書きで、短文や単語などを使って構成を大まかに作っておくのは非常に便利です。

加えて、日頃から情報収集している中で、気になることや思いついたことを単語だけでもメモしておくと、後々他の場面で役立つことがあるかもしれません。

まとめ

今回は、日々のネタ収集やメモのおすすめな方法についてご紹介しました。

自分なりのネタ収集やメモの方法を定着させるのは非常に重要です。

ネタ収集もメモも日ごろから常に意識しておくことが大切です。

意外な場所で、良質なネタを手に入れられたり、昔のメモが役立つことがあるかもしれませんね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。