コンテンツSEOとは?定義から普及した理由まで、詳しくご紹介します | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.7

コンテンツSEOとは?定義から普及した理由まで、詳しくご紹介します

近年、マーケティング関連の話において、「コンテンツSEO」という言葉を耳にすることが増えてきました。

しかし、
「コンテンツSEOっていう名前は知っているけど、きちんとした定義はよくわからない」
という方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コンテンツSEOについて、その定義から詳しくご紹介します。

□コンテンツSEOの定義

コンテンツSEOとは、サイトに、ユーザーにとって有用なコンテンツを追加していくことで、サイトの露出機会の増加や、被リンクの獲得につなげ、サイトを上位表示させるためのSEO施策のことです。

また、顧客獲得の観点からみると、コンテンツSEOによって、自社の提供する商品やサービスと関連性が高く、かつユーザーにとって有用性の高いコンテンツを作成・発信していくことで、潜在顧客を集客して自社サイトへ呼び込み、新たな見込み客を獲得することができます。

□コンテンツSEOが普及した理由

コンテンツSEOが普及した理由としては、従来の広告手法では、顧客獲得が難しくなってきたことが挙げられます。

ネットが普及したことにより、以前よりも情報ソースが増え、人々は断片的、かつ断続的にあらゆる情報を受け取るようになりました。

一方的に情報を押し付けてくる広告は、人々にとって邪魔な存在となり、その効果は薄れてしまいました。

コンテンツSEOでは、ユーザーにとって有用なコンテンツの中に、自然に広告が入っているため、人々に余計なストレスを感じさせることなく、ユーザーを自社サイトへ呼び込むことができるのです。

□コンテンツマーケティングとの違い

コンテンツSEOとよく混同されてしまう概念が、コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングの定義は、ユーザーにとって有用なコンテンツを作成・配信することによって、見込み客として明確に定義されたユーザーを引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく顧客の行動を促すことを目的とするマーケティングの考え方です。

定義をみると、ユーザーに有用なコンテンツを作成・発信するという点で、両者は共通しています。

しかし、コンテンツSEOが、潜在顧客を集客し、見込み顧客をサイトに流入させるまでが目的であるのに対して、コンテンツマーケティングは、その後もその顧客との関係を継続・発展させていくところまでが目的に含まれるという点で、両者は異なります。

以上、コンテンツSEOについてご紹介してきました。

自社サイトをより多くの人に見てもらうためには、検索結果で上位表示されることが必用不可欠です。

コンテンツSEOを理解し、実践することは、その手段として大いに役立つのではないでしょうか。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。