アイキャッチにブログタイトルの文字は入れるべき? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.2

アイキャッチにブログタイトルの文字は入れるべき?

「ブログ記事のアイキャッチに、何が適切か分からない!」

「アイキャッチにブログタイトルは入れたほうが良いの?」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

普段ブログ記事を書いていて、なんとなくアイキャッチを作ってはいるものの、どのようなものを作れば良いのかはあまり分かっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、アイキャッチにブログタイトルの文字を入れるべきかについて紹介します。

アイキャッチ画像の必要性

アイキャッチ画像とは、ブログの記事ごとに設定し、タイトルと共にトップページに表示させる画像のことを言います。

また、SNSでの記事の共有の際にもこの画像と共に投稿されるため、目に触れる機会も多くなってきます。

アイキャッチ画像は名前の通り、ユーザーの目を引くためのものであり、どのようなものにするかによって、記事のアクセス数は大きく左右されます。

そのため、アイキャッチはとても重要なものであり、ブログ記事においては必要不可欠であるとも言えます。

アイキャッチにタイトルの文字は必要か

それでは、アイキャッチを作成する際にタイトルの文字を入れる必要はあるのでしょうか。

結論から言うと、必須ではないが、あった方が良いということが言えます。

その理由として、主に挙げられるのはオリジナリティの点があります。

アイキャッチはアクセス数を左右する重要なものであるということを紹介しましたが、ブログタイトルのない画像だけのアイキャッチの場合には、どうしても他の記事と同じようなものになってしまいがちで、オリジナリティが無くなってしまいます。

また、アイキャッチには、主に著作権フリーの画像が使用されるので、全く同じ画像を用いている他の方がいるというのも珍しくありません。

そのため、アイキャッチを作成する際には、ブログタイトルの文字を入れてオリジナリティを出した方が良いということが言えます。

タイトルの文字をアイキャッチに入れる際の注意点

アイキャッチにタイトルの文字を入れる際には注意すべき点があります。

それは、アイキャッチが表示されるサイズを理解するという点です。

記事のページの場合、アイキャッチが大きく表示されると思いますが、トップページで記事がいくつも並んでいる場合や、スマホで確認する際には、サイズが小さくなってしまうことがあります。

そういった点において、アイキャッチに多くの文字を入れてしまうと、何を書いてあるのかが分からなくなってしまうことがあります。

そのため、アイキャッチにタイトルの文字を入れる場合には、タイトルの文字全てを入れるのではなく、一部を切り取って作成するという方法が効果的であると言えます。

また、タイトルの文字ではなくても、関連する単語や文章を完結に入れることによって、記事の内容がどのようなものであるのかを表現することも、1つの方法です。

まとめ

今回は、アイキャッチにブログタイトルの文字を入れるべきかについて紹介しました。

ブログ記事のアイキャッチが重要なものであるということはお分り頂けましたか。

この方法は、すぐにでも実践することができます。

アイキャッチを効果的なものにして、ブログ記事のアクセス数を増やせるようにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。