始める前に知っておきたいHPデザインの基本とは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.8

始める前に知っておきたいHPデザインの基本とは?

HPデザインと始めるとなると、知らなければいけないことも多く、WEBの技術も少なからず必要になってきます。
デザインの流行や、見やすいHPの作り方など、考慮すべきポイントはたくさんあります。
そこで今回は、HPデザインをしている、これからやってみたい方のために、知っておくきHPデザインの基本をご紹介します!
まずは、コンセプトを決定する HPで何を特に伝えたいか、どのような人にHPに訪れてもらいたいか、またはそのデザインが何を意味するのかを明確に決める必要があります。

コンセプトが曖昧では、魅力的なサイトは作れません。
事前にコンセプトを設定することによって、HPの方向性がぶれることはありません。
なんとなくデザインするのではなく、意思をもってHPデザインに取り組むようにしましょう。

見やすさを重視する

ホームページは初めに目にしたときの印象が大事です。
ぱっとみて魅力的だと思えるデザインを目指しましょう。

*配色

配色はHPの雰囲気を左右する大事なポイントです。
ターゲットとするユーザーの年代などに合わせて雰囲気を決めます。
華やかさや上品さ、明るさや若さなど、どのような雰囲気にするかを自分で決めましょう そして、色によってどのような効果があるかを知らなければなりません。
色の組み合わせはとても大事です。 配色が脳に与える影響は変わってきます。
まずは、色の基本原則から見直して、どの色がどのような印象を与えるかを学びましょう。

*余白スペース

文字やイラストが画面にいっぱいだと、ごちゃごちゃした印象になってしまいます。
これでは何を伝えたいかが分かりませんし、訪問者の読む気を失くしてしまいます。
うまく余白スペースを活用して、HPに訪れた人が見やすいものを作りましょう。

読み手を意識した文章を書く

HPの訪問者が興味を持つような、タイトルや文章を作成しましょう。
文章を書いた後は、自分が読み手になったつもりで全て読み直して、興味がそそられるかどうか、チェックしましょう。
また、タイポグラフィも大切です。
タイポグラフィとは文字のデザインのことを指します。
適切でない書式を選んでしまって、大事な文章を台無しにしてしまうこともあります。
デザインに統一性をもたせて、内容によって書体を統一させるべきです。
結局は文章を読んでもらえないと、何も伝えることはできないので、タイポグラフィは非常に重要なポイントとなります。

さいごに

今回は、HPデザインをする際に知っておくべきことについてお伝えしました。
少しでも参考にしていただけたでしょうか?
HPデザインは、知識と技術が必要とされるものです。
ただデザインをするだてではなく、目的やターゲットを決めてより多くの人に見てもらえるHPを作成しましょう。
やってみたい方は、ぜひ一度取り組んでみてくださいね。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。