海外のおしゃれなサイトが参考になる!真似したいHPデザインの特徴まとめ | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.22

海外のおしゃれなサイトが参考になる!真似したいHPデザインの特徴まとめ

「おしゃれなホームページのデザインを作りたい!」

そう思っている方におすすめなのが、海外のサイトを参考にすることです!

実は、海外のホームページは日本のものと全然違います。

最近は日本のサイトも、海外のものを参考に作られることが多くなってきました。

どういう点を真似すればいいかをまとめてみたので是非参考にしてみてください。

海外と日本のデザインが違う訳

海外のおしゃれなサイトが参考になる!真似したいHPデザインの特徴まとめ

なぜ国によってデザインが違う、ということがあるのでしょうか?

ズバリ、それは文化の違いです。

同じ企業のホームページでも、国によってホームページのデザインは結構違います。

これは、ターゲットである国の人が使いやすいように、また、趣向に合わせて作られているのです。

「では、日本人向けのものは日本のサイトの方が参考になるのでは?」

と考えた方も多いと思います。

勿論、日本のサイトを参考にすることは、日本人の考え方に沿った作りを学ぶことになるので大変重要です。

しかし、文化がグローバル化してきて、インターネットなどボーダーレスなツールが増えてきている今、海外の考え方が日本人にも浸透してきているのです。

よって、外国のデザインも日本人にとっては受け入れやすく、むしろ目に止まりやすいというメリットがあります。

ただ、その文化によっては受け入れられない表現もあるので気を付けた方がいいことは確かです。

海外と日本のデザインの違い

海外のおしゃれなサイトが参考になる!真似したいHPデザインの特徴まとめ

では、具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

色彩感覚

色は、イメージを作る上でとても重要な要素です。

しかし、同じ色でもバックグラウンドが違うと、受け取り方も違います。

例えば「紫色」だと、アメリカでは「華麗さ、慎み深さ、長所、美しさ」というイメージを受けるのに比べ、日本では「洞察、知恵、お祝い、神」といった印象を受ける、ということがあります。

つまり、同じ目的で使うカラーが日本では考えられない色であることがあるのです

それをアクセントとして使用してみるのも一つの手だと思います。

フォント

日本におけるゴシック体や教科書体、明朝体のように、海外の方はアルファベットにも微妙な違いでかなり違う印象を受けます。

海外のサイトでは選び抜かれたフォントが使われています。

差をつけるために、アルファベットにはどんなフォントがあってどういう場面で使われているのかを見てみてもいいかもしれないですね。

まとめ

今回は海外のホームページのデザインを取り入れることをおすすめしました。

最近増えてきたとはいえ、まだまだ少ないのが海外の文化を取り入れたホームページです。

特に若い層をターゲットにする場合、好印象を持たせることができると思います。

是非試してみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。