かっこいいHPデザインの作り方とは?例をまとめてみました | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.16

かっこいいHPデザインの作り方とは?例をまとめてみました

最近「かっこいいホームページ」が増えてきています。

「こんなサイト作ってみたいけど、難しそうだな」

と感じている方に向けて、かっこいいホームページの作り方についてまとめてみました。

是非参考にしてチャレンジしてみてくださいね。

配色

かっこいいHPデザインの作り方とは?例をまとめてみました

かっこいいと印象付ける色の基調はモノトーン、特に黒が多いようです。

クールな印象を受ける色ですよね。

色を加える場合は、一色か二色程度にしておくと、まとまりが出ていいでしょう。

また、写真などを使用する場合、色味を寄せてあげる、全体的に暗めにする、などの加工をするといい場合があります。

意図的にカラフルな配色を使う場合は、それ以外の部分を徹底的にそろえるなど、スマートに見える工夫をするといいかもしれません。

シンプル

かっこいいHPデザインの作り方とは?例をまとめてみました

デザインの仕方は様々だと思いますが、かっこいい印象を与えるためにはシンプルなレイアウトがおすすめです。

伝えたい情報がすぐに頭に入ってくるだけでなく、無機質なイメージになります。

また、全く陰影をつけない、効果を使用しないという方法も簡単にかっこよく仕上がる方法になります。

ただ、この場合は文字や要素の大きさや配置が決め手になるのでデザインセンスが問われるかもしれません。

迷った場合は取り敢えず、

・大事なものを目立たせること

・見えない線でつながれているように配置すること

・同じ要素を持つものは近くに置くこと

・同じ要素を持つものは同じ見た目にすること

を意識すれば綺麗なデザインになります。

写真

最近増えてきているのが、写真を主役級に持ってくるサイトです。

例えば、飲食店のサイトの場合、真ん中に料理を載せたお皿を配置することで、見る人にインパクトを与え、なおかつ伝えたい情報がストレートに入ってくることになるのでとても効果的でしょう。

視覚的に情報を伝えることで、非言語情報を伝えることが出来る手法です。

どのような写真でも、写真を大きく、文字を極力抑えるという法則にしたがえば、スタイリッシュに見せることができます。

効果

先ほどシンプルなものがかっこいいと述べましたが、効果をかけることでかっこよさを演出することができます。

例えば高級感を出したい場合はグラデーションや陰影、光を使うことが効果的です。

逆に、少しポップさも加えたいという場合は、立体的にするよりは平面的に仕上げる方がいいです。

狙うターゲットの趣向なども考えて調節してみるのがいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、かっこいいホームページのデザインについてお伝えしました。

色々なサイトを参考にすることも有効です。

しかし、一番大切なことは、美しさよりも、ユーザーにとって使いやすいサイトかどうか、です。

色々試しながら、どんなサイトが「喜ばれる」のか追求してみてください!

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。