HPデザインで参考にしたい!トレンドをまとめてみました | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.12

HPデザインで参考にしたい!トレンドをまとめてみました

ホームページを作りたいと考えている人にとって、よりいい情報を届ける上では何が重要なのでしょうか?

実は、ホームページも時代の流れと共に進化しています。

今日は、ホームページのデザインのトレンドについてお伝えしたいと思います。

いいホームページを作りたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

スプリットスクリーン

HPデザインで参考にしたい!トレンドをまとめてみました

スプリットスクリーンは、画面を二つに割って、左右で別々のページを見せる手法です。

定番となっているのは、分割する割合を11に等分に分ける方法。

しかし、最近では左右非対称に分割するサイトが増えてきています。

更にそのページに何を配置するかについてですが、人気なものが大きい方のページに画像を配置する方法です。

この手法にすることでパソコンの画面で雑誌を見ているかのような感覚になることでしょう。

白背景+画像

HPデザインで参考にしたい!トレンドをまとめてみました

最近人気なのがシンプルなスタイルのホームページ。

その中でも、白を背景にして、画像を配置したデザインのものが多くなってきました。

このままだと、普の通ホームページになってしまいますよね。

そこで、ホームページタイトルを少しずらして配置することで、オシャレな雰囲気に仕上がります。

簡単なので、試しやすいデザインですね。

レイヤー

色や画像付きのレイヤーを重ねてオーバーレイをかけたようなデザインは洗練された印象を受けます。

このようなマスク効果は、単色で使ったり、グラデーションをかけたりして表現することもあるみたいです。

都会的な雰囲気を与えたいという場合にはぴったりです。

更に、文字を切り抜いてみたり、人物の輪郭だけ切り抜いてみたりと、色々な表現手法があります。

写真を主役に

インパクトを与える方法として、大きな写真をスクロールしなくても見える位置に配置することが効果的と言えます。

これは「ヒーローヘッダー」と言われます。

対して、大きな写真をスクロールしなくても見える位置に配置する「ビローザヘッダー」が最近のトレンドになっています。

これは、写真を主役級に位置付けることで、カタログを見ているかのように、視覚的に訴えかけることができます

例えばコマースサイトなど、写真が購入の判断を左右する場合はこのようなレイアウトが有効でしょう。

まとめ

今回は、ホームページデザインのトレンドについてお伝えしました。

これらの効果は、新しく取り組まれていることもあって実践するだけで閲覧者の目を引くことができるでしょう。

是非ホームページを作る際は取り入れてみて下さい

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。