HPデザインをする上でまず知りたい!絶対にやってはいけないことって? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.14

HPデザインをする上でまず知りたい!絶対にやってはいけないことって?

これからホームページのデザインをしようとされている方がまずされるのが情報収集かと思います。

色々なデザインの例やコツがあってどれを取り入れたらいいか迷ってしまいますよね。

そんな時には、「やってはいけないデザイン」を調べるのが効果的です!

今日は、ホームページを作る際にやってはいけないことをお伝えしたいと思います。

「やってはいけないこと」を考える前に

HPデザインをする上でまず知りたい!絶対にやってはいけないことって?

デザインで、どんな知識よりも一番大切な考え方が、ユーザーの立場に立つことです。

ということは、「やってはいけないこと」は「ユーザーにとって邪魔になること」になります。

あなたもインターネットを実際に使っている上で、いらいらすることがあるはずです。

そのいらいらを、人にも繰り返さないようにすれば大丈夫。

普段から何が良くて何がダメか、考えながらホームページを閲覧する癖をつけるようにしましょう。

読み込み時間が長い

HPデザインをする上でまず知りたい!絶対にやってはいけないことって?

インターネットを利用している人にとっては、一秒の時間が惜しいです。

ユーザーがタスクに集中していられる時間は10秒しかないという調査結果もでています。

読み込み時間が長いと、そのサイトを見ることを諦めてしまう人も少なくはありません。

できるだけ早くページを表示できるように心がけましょう。

リンクを開く際に新しいタブになる

これもユーザーをいらだたせるデザインになっています。

また、ブラウザの戻るボタンが使えない事で、気軽にリンクを開くことができなくなってしまいます。

広告が大きい

「広告が邪魔」というのはユーザーの共通認識かもしれません。

そのことに加えて、広告を隣に表示させることで、見てほしいバナーも広告のように見せてしまう効果があるのです。

自分のサイトにとっても不利益を被ることになってしまうので、避けることをおすすめします。

自動再生の動画や音楽を入れる

サイトを開いた瞬間に音楽や動画が再生されるホームページ、たまにありますよね。

この場合、喜ぶユーザーもいるかもしれませんが、公共の場所で見ている場合など、ほとんどのユーザーが快く感じません。

動画を付けるとしても音無しで再生されるように工夫しましょう。

使いやすさより美しさを優先

これはホームページにこだわる人がやりがちな間違いです。

しかし、一番やってはいけないことでもあります。

例えば、オシャレな色を追求することで文字が読みにくくなる、どこがタイトルか分かりにくいなどというデメリットがあります。

「使いやすさも美しさのうち」とかんがえるようにしましょう。

まとめ

今回はやってはいけないホームページのデザインについてお話しました。

これらのことを守ることのほうが、他に工夫を加えるよりもずっと大事かもしれません。

是非この記事を参考にホームページをデザインしてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。