知っておきたい2018年流行のHPデザイン! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.11

知っておきたい2018年流行のHPデザイン!

ファッションに流行があるように、HPデザインにも流行があります。
そして流行というものは時代と共に変化するものです。
HPデザインも毎年新しく画期的なデザインを目にすることが多いです。
では、2018年現在の流行のデザインはどのようなものでしょうか。
そこで今回は、今流行りのHPデザインをいくつかご紹介します。

デザインを考える

ブロークングリッドレイアウト

初めて名前を聞く方も多いのではないでしょうか。
ブロークングリッドレイアウトとは、綺麗に整えられたグリッドレイアウトを、あえて崩すことによってオリジナリティを表現するデザイン法です。
そもそも、グリッドレイアウトとは、画面を分断したブロックを組み合わせてコンテンツを作っていくレイアウト法のことを言います。
ブロークングリッドレイアウト通常のレイアウトと一味違った、遊び心のあるおしゃれさを出すことができます。
整った状態をあえて崩すことによって、見た人に少し違和感を与え、新鮮で興味を持ってもらいやすいHPを演出できます。

グラデーション

グラデーションはどんなものかイメージがつく人がほとんどだと思います。
これは見た目のインパクトが強いデザインです。
何色の使用したものや1色の濃淡だけで表現されたものなど様々な種類があります。
何色か使用したものを選ぶと、ごちゃごちゃとした印象になるのではないかと思うかもしれませんが、シンプルなフォントデザインを選ぶことで、派手ではあるけれど印象に残りやすくなるのです。

余白を多用したデザイン

余白をできるだけ多く使ったHPはシンプルでおしゃれです。
何もない空間を大きく取ることで全体に余裕が生まれるので高級感のある雰囲気を作り出すこともできます。
高級さや優雅さを演出したい場合は、余白を意識してデザインすると良いでしょう。

スプリットスクリーンレイアウト

これは、画面を大きく分割してレイアウトするデザイン法です。
画面を大きく分けることで、コンテンツを明確にでき、見やすさが全く違ってきます。
また、PC用ページでは横に並べるデザインだとしても、スマートフォン用ページでは縦に並ぶようにデザインすることも可能です。
このように用途に合わせて変化させやすく、魅力的なデザイン法です。

さいごに

今回は、2018年の流行HPデザインをいくつかご紹介しました。
HPデザインをする際にはこういったトレンドを押さえておくことも重要です。
他のHPを見るときも、どのようなデザインが取り入れられているかに注目してみると面白いかもしれませんね。

デザインを描く

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。